ファイナンシャルプランナーが推奨する【借り換え】住宅ローン銀行ランキング

 


低金利が続く現在は借り換えを行うことによって、

 

支払い利息の軽減効果を期待する事ができます

 

住宅ローンは低金利時に、固定金利で借りるのが鉄則。

 

とはいえ、返済額を考えて変動金利を選択した人も多いのでは。

 

今まさに借り換えのチャンスが来たと考えて良いでしょう。

 

以前の変動から引き下げ幅の大きい変動へ。

 

フラット35からフラット35に借り換えるケース。

 

長めの固定金利型に借り換えるケースなど

 

様々だと思いますが、

 

金利の上昇や諸費用も考えることが大切となります

 

変動金利・固定金利(10年以内も含む)ともに

 

人気なのが

 

1位は新生銀行の住宅ローン。

 

比較的諸費用が少なく借り換えのメリットを受けられます

 

 

新生銀行

 

 

【新生銀行住宅ローン】パワースマート住宅ローン

 

 

新生銀行は、初期費用が少ないため、総支払い額のコスト軽減効果を得ることができます。

 

団体信用生命保険料もかかりません

 

新生銀行の住宅ローン(変動金利タイプ、当初固定金利タイプともに)は、5年ルールと125%ルールを採用していません。

 

毎月の返済額及びボーナス返済額は適用利率が変更されるたびに変更してきます。

 

変動金利 7年固定金利 20年固定金利
0.980% 1.400% 2.1%

 

新生銀行のメリット(良い点)

 

・金利だけではなく、他行に比べトータルコストがかからないことが魅力

 

・諸費用が少ないので借り換えのメリットが大きい

 

・自動繰上返済がいつでもできる

 

・返済期間を延長することが可能

 

・契約するときだけ来店すればよい

 

・困ったときはコールセンターが便利

 

・返済期間を延長する事が可能

 

・スマート返済を使うと手間いらず*1

 

・pcが使える人には最強の銀行サービス

 

*1 スマート返済はあらかじめ円普通預金の残高を一定の金額に指定。
円普通預金残高がして残高を1万円以上上回った場合、
その1万円を含めて、上回った分が自動的に繰り上げ返済される仕組み。

 

新生銀行のデメリット(悪い点)
・「パワースマート住宅ローン」は、他の住宅ローン違って、借入に際して設定されるのが普通抵当権ではなく「根抵当権」という点が最も「デメリット」

 

 

フラット35(固定金利型)に借り換えを決めている方は楽天銀行

 

 

住宅ローンは楽天銀行のフラット35

 

フラット35取扱金融機関は約340社あるなか

 

楽天銀行の住宅ローンはフラット35(買取型)の中でも最低金利です
(楽天銀行調べ)

 

楽天銀行のフラット35は、金利や融資事務手数料を低めに設定しています。

 

新築や中古、新規の融資や借り換えなどを問わずに利用することが可能です。

 

つなぎ融資があるから注文住宅にも対応しています。

 

返済口座を楽天銀行に指定することで,融資事務手数料の割引もあります。

 

またフラット35と変動金利を組み合わせたミックスプランも利用できます。

 

来店せずに手続きを完了することは可能なのも魅力のひとつです。

 

15年〜20年固定金利 21年〜35年固定金利
1.49% 1.80%

 

楽天銀行住宅ローンのメリット 楽天銀行住宅ローンのデメリット

・業界最低の金利

 

・融資事務手数料率が業界最低水準

 

・保証料¥0。繰上返済手数料も¥0

 

・来店不要。ネットで完結。

 

・繰り上げ返済手数料が多くの場合かからない

 

・お金の預け入れ窓口として、提携している金融機関が多い

 

・ローンの申し込み手続きは全て郵送となりますので、
平日休みが取れない方にも利用しやすい

・自己資金が必要。

 

楽天銀行は買取型のフラット35なので

 

物件価格80%までしか借りができない
(法律が変わっている可能性もあるので要確認)

 

・店舗が無いという点