現在、通常のフラット35で借りていれば、多くの人にメリットがあります。

実質金利で、0.3%以上の金利差があれば動きたいところです。

 

諸費用を手持ち資金から出したり、借り換えの際に、

 

借入金額を減らすことができれば、返済の負担はさらに軽減されますが、

 

借り換え効果の純粋な比較を行うために、全て消費を含めて借り換える前提で、試算を行うこととします。

 

この前提で計算しても、フラット35→フラット35の借り換えでは、

 

実質金利で0.3%程度以上の差があれば借り換え効果が期待できるといえそうです。

 

ここで実質金利と書いたのは、フラット35はどこで借りるかだけでなく、

 

2種類の融資事務手数料のタイプによっても適用金利の水準は異なるからです。

 

ご自身が借りているフラット35の金利と比べる際には、

 

フラット35のホームページの金利情報確認し、

 

そこに掲載されている最低金利に0.15%を足した数字と比べて、

 

借り換えの効果を確認しましょう。

 

平成24年7月時点では、おおむね2.4%以上の金利で、

 

通常のフラット35階ていれば借り換え効果が期待できそうです。

 

 

 

 

超低金利の今がチャンス

  

 

 

住宅ローンの返済が厳しくなったら

 

 

督促状が来たらすぐ対応しましょう

 

 

一時的に借りたいときには