借り換え&期間短縮でさらに借り換え効果はアップする。

ローンの返済で家計が厳しい人にとって、

 

借り換えで返済額減るのはうれしい限りです。

 

もちろんそれも借り換えのメリットの一つですが、

 

返済が終わるときの年齢が60才を超えている場合は、借り換えの際に返済期間を短くすることも検討しましょう。

 

昭和36年4月2日以降に生まれた男性は、

 

65才になるまで厚生年金などの公的年金が全く支給されません。

 

60才以降も働ける環境はやってきていますが、継続雇用の条件は良いといえず、

 

中には20万円程度の月給でボーナスはなしという費用も珍しくないようです。

 

60才までに住宅ローンの返済が終了すれば、そのあとの生活状況はかなり改善されます。

 

借り換えは金利が下がる分返済期間を短くできるチャンスでもあるです。

 

金利が下がっている今本当に検討された方が賢明だと言えます。

 

実際シミュレーションしてみてください。

 

数百万も借り換え効果出てくる方が、多いと思います。