【住宅本舗】複数金融機関に審査申込みが行えるサービス

 

【住宅本舗】複数金融機関に審査申込みが行えるサービス

 

「忙しからなかなか住宅ローンの審査に行けない」

 

「また審査に落ちた・・・また書類書かなきゃ・・・」

 

「どの銀行が私に合っているのだろうか?」

 

それを解消してくれるサイトが一括申請できるサイト住宅本舗。

 

さらに、銀行の住宅ローン獲得競争のおかげで比較をすることによって金利を下げられる「金利交渉」ができます

 

*一度も延滞をしていないなど一定の条件を満たす条件が必要

 

これまでの住宅ローン審査申込みは、各金融機関ごとにそれぞれ100以上の項目を入力する必要がありました。

 

借り換え審査から終了まで1件1件回って話を聞いて書類を書いて、不備があればまた書いて・・・時間がかかるという悩みも要りません。

 

一回の入力で複数金融機関に審査申込みが行えて比較できるサービスです。

 

住宅本舗のメリット(良い点)

 

・金融機関があなたの条件に合わせた住宅ローンを提示してくれるので、
じっくり比較検討できる

 

・どこに借り換えすれば得か一目瞭然

 

・審査に落ちて他の銀行に審査に行く場合
1から書類を書かなくてよい

 

・借り換えをしたらどれだけ節約になるのか、
自宅のパソコンで3分程度でわかる

 

・毎月更新される各金融機関の金利がリアルタイムで反映

 

大手銀行さんが参加しており、

 

現状支払っている住宅ローンの相談や借り換えの審査が通るのか、複数の大手会社に申請でき一度に比較検討できます

 

どんな人が利用しているのか

 

育児や仕事で忙しくてなかなか住宅ローンの審査ができない人に向いています。

 

とにかく審査には時間と手間がかかります。

 

複数の金融機関に申請するのはたくさんの書類が必要で、審査に落ちるたびに毎回同じことを書いて提出するのはとにかく時間がかかります。

 

忙しいあなた様に変わり、住宅本舗が代わりに書類を複数の銀行に提出&審査してくれます

 


 

「住宅本舗」の一括審査申込みが選ばれる3つの理由

 

 

「住宅本舗」ご利用の際の注意点

 

 

 

住宅ローンコラム

金利タイプによるメリット・デメリット

 

金利タイプの選択は、自分がどのようにして金利上昇リスクに備えるかの選択と言えます。

 

短期商品を選んだ場合は、長期固定商品に比べて毎月の返済額が少ないため、支払い余力が生まれます。

 

その余力でコツコツ繰上げ返済ができると考える方は、短期商品を選んだほうがいいでしょう。

 

元金を減らすことが、金利上昇リスクに対して最大の備えとなるからです。

 

一方、「金利上昇リスクに自分で備えられない」という方は、月々の支払いを多めにして、長期固定商品を選んだほうがいいでしょう。

 

支払額の高さは、金利上昇リスクに備えた「保険」と考えればいいわけです。

 

どちらを選ぶにしても、2012年7月現在の金利が低水準であることは間違いありませんので、住宅の購入、ローンの借換えにはいい環境が整っていると言えるでしょう。

 

「住宅本舗」では、各金融機関の短期から長期固定商品まで、さまざまな商品を比較できるようになっています。

 

月々の支払いがどの程度になるのかも簡単にわかりますので、じっくり検討してみてください。

 

実際に借換えを行った人の動向は?

 

金利が安い今の時代では金利が安くなるケースが多いです。

 

焦ってはいけませんが株価もあがり金利が上昇すると予想されています。低金利な時がお得な時です。

 

わずか0.1%から0.5%の利ざやしか取れない程に金利優遇競争はいよいよ限界となってきています。

 

今まさに私たちから見れば最大の借り換えチャンスともいうべき状況がやってきているわけです

 

粘り強く借り換え先を探しましょう。