固低金利型の楽天銀行金利が低いのが人気

 

住宅ローンは楽天銀行のフラット35

 

楽天銀行の住宅ローンは取り扱っているのは固定金利型(フラット35)です。

 

固定金利型は金利上昇リスクを避けることができるので、

 

低金利の今、利用されている方が多いです

 

楽天銀行は、フラット35を積極的な使って行こうとしているので、

 

他の銀行と比べて融資手数料も低く設定しています。

 

融資手数料は借入額×1.365%ですが

 

楽天銀行を返済口座に指定すると

 

借入額×1.05%(税込)

 

とさらにお安くなります。

 

無料で口座を開くだけで金利が安くなるのです。

 

もし利用される方は、

 

楽天銀行口座を持っておいたほうが手元にお金が残ります

 

楽天銀行の住宅ローンの金利や手数料

15年〜20年固定金利 21年〜35年固定金利
1.49% 1.80%

 

保証料 団体信用保険料 疾病保障
◎なし 別途

(持病があっても借りれる可能性あるということ)

有料

 

事務手数料 繰上返済手数料 コンビニATM手数料 他行振込
10万5千円 ◎無料 --- ---

 

楽天銀行住宅ローンのメリット 楽天銀行住宅ローンのデメリット

・業界最低の金利

 

・融資事務手数料率が業界最低水準

 

・保証料¥0。繰上返済手数料も¥0

 

・来店不要。ネットで完結。

 

・繰り上げ返済手数料が多くの場合かからない

 

・お金の預け入れ窓口として、提携している金融機関が多い

 

・ローンの申し込み手続きは全て郵送となりますので、
平日休みが取れない方にも利用しやすい

・自己資金が必要。

 

楽天銀行は買取型のフラット35なので

 

物件価格80%までしか借りができない
(法律が変わっている可能性もあるので要確認)

 

・店舗が無いという点

 

フラット35取扱金融機関は約340社あるなか

 

楽天銀行の住宅ローンはフラット35(買取型)の中でも最低金利です
(楽天銀行調べ)

 

その最低金利が最長35年間続きます。

 

 

取扱商品

 

・住宅金融支援機構提携住宅ローン 【フラット35】、つなぎローン

 

楽天銀行住宅ローンの主な特徴

・全国のフラット35取扱金融機関約340社の中で楽天銀行は最低金利。金融機関での差は最大1%。

 

・融資事務手数料はお借入額×1.365%(税込)→さらに住宅ローンの返済口座を楽天銀行にすると
お借入額×1.05%(税込)に引下げ。
例)3,000万円のお借入で94,500円お得!

 

・保証料、繰上返済手数料は無料。

 

・申込書のご請求?ご融資まで来店不要で完結

 

・フラット35融資の実行までのつなぎ融資ができます。よって、注文住宅を建てられるかたなど
土地の取得資金、着工金、中間金など最大3回に分割しての融資が可能です。
→さらに楽天銀行のつなぎローンは、建築されるハウスメーカー、工務店を問いません。

 

・4,000万円超お借入のお客さまには、楽天キャッシュをもれなくプレゼント

 

楽天銀行の住宅ローンの申し込み及びシミュレーション

 

楽天銀行を返済口座にしよう

関連記事

楽天銀行は利用者にとってとてもメリットがあるサービスを次々に提供してくれてきているのですが、

 

特に住宅ローンのフラット35は大きなメリットがあります。

 

楽天銀行のフラット35は住宅ローンのランキングでも上位にあり、

 

住宅ローンの返済期間は最長で35年間に設定する事が可能になっていて、

 

更に固定金利で返済出来ると言った魅力があります。

 

近年では金利が変動するタイプの住宅ローンなども増えてきていますが、

 

楽天銀行のフラット35は金利が変化しませんから、

 

将来的なリスクが少なく安心して借り換えなども行えると言われています。

 

楽天銀行以外にもフラット35を扱っている金融機関はありますが、

 

楽天銀行は、特に金利が低いというメリットがあります。

 

そのために他の金融機関でフラット35を利用していた人でも

 

楽天銀行のフラット35に借り換えを行ったりする事もあるようです。

 

ローンの申し込みをする際に来店をする必要が無いので時間が無く、

 

スピーディーにローンの契約を行いたいと思っている人にとっては

 

こうした部分も大きなメリットになるのではないでしょうか。

 

また事務手数料が他の金融機関に比べるとリーズナブルな金額になっていて、

 

住宅ローンを組む際に、案外大きな存在となる手数料がリーズナブルで助かると言う意見が沢山あります。

 

また、新規の契約だけでは無く、借り換えの際にも初期費用を大幅にカットする事が可能なので、

 

特に借り換えを考えている利用者からの支持率が高くなっています。