住宅ローンの条件の変更の見直し方法

住宅ローンの条件を変更できます。長い返済期間の間には、

 

借り手の生活状況も変化し、最後まで返済プラン通り行くとは限りません。

 

そんな場合にも条件の変更ができます。

 

おもに次の三つの方法があります。
@ボーナス返済の変更
(取り止め、新設、返済額の変更)
A返済方法の変更
(元利均等から元金均等へ、またはその逆)
B返済期間の短縮
(毎月の返済額を増やして早く完済する)
です

 

@は、ボーナスの支給時期や金額の変更が生じた場合に有効です。
Aは返済資金の余裕ができた場合に元金均等返済に変更する、または余裕がなくなった場合に元利均等返済に変更するものです。
Bについては返済期間が短くなるのに伴い利息額も減少するため、返済総額も減額されます

 

条件変更の手数料は、5250円のところが多いようです。

 

 

 

返済条件の見直し方法のまとめ

 

ボーナス返済の変更

ボーナスの支給時期や、金額は変更された場合

 

返済方法の変更

返済資金に余裕ができた場合に、元金均等返済にする。

 

返済額の増減減額

返済期間を軽減伸長できる。

 

元金の据え置き

毎月の返済を利息だけに充てる。
給料が減った場合に有効