住宅ローンだけでなく家計全体を見直すことが大切

返済条件を見直す前に、将来の返済金利の上昇に備え、

 

まず、家計を全体的に見直し、支出をそぎ落とす必要があります。

 

例えば、生命保険料の契約内容を見直したり、携帯電話料金のプランを見直したりする必要があります。

 

年間でかなりの金額に上がるはずです。

 

また、何に使ったかがわからない出費がないかどうかを確認することも必要です。

 

家計を見直す場合、例えば、車を手放した場合に、家計の負担がどのくらい軽くなるか、

 

などを検討する事になります。早めに対策を立て、賢く返済していきましょう。

 

住宅ローンの返済で本当に困った時は住宅ローンに強い弁護士に相談しましょう