繰り上げ返済にかかる手数料

繰り上げ返済行う際は手数料がかかるのが一般的です。

 

ある銀行の手数料体系を見てみると、

 

変動金利の場合は、5250円、固定金利の場合、100万円未満の繰り上げ返済であれば1万0500円、

 

100万円以上1000万円未満だと3万1500円、1000万円以上の場合は、5万2500円となっています。

 

このように手数料額は変動金利と固定金利の場合で異なっている場合もありますし、

 

繰り上げ返済の金額によっても異なってきます。

 

繰り上げ返済の金額が、100万円未満と100万円以上とでは手数料が異なる場合が多くなっています。

 

一方最近では、「繰り上げ返済手数料無料」という金融機関も増えてきました。

 

またインターネットバンキング利用すると、手数料安くなったり、無料になってするというところも増えています。

 

住宅本舗借り換えでは簡単に入力するだけで手続きができます。

 

ネットで大手銀行の借り換えの一括見積もりができるのは

 

今のところ住宅本舗さんだけのようです。

 

>>>住宅本舗さん

 

それとフラット35の場合は、どの金融機関でも繰り上げ返済手数料は無料です。

 

これはフラット35のメリットの一つですので、覚えておくと良いでしょう。

 

住宅ローンを組む人の多くは繰り上げ返済を何回か行うはずです。

 

手数料の違いというのは意外と大きく響いてきますので、

 

ローンを選択する時の一つの基準としてチェックするようにしたいものです。