借り換えができなくなる場合もある

長い人生の間には、予期せぬことが起こります。

 

住宅ローンを組んだ時点では、同じ会社で順調に勤め続けることを前提として返済計画を立てているかもしれませんが、

 

リストラや倒産、病気、やりたいことが見つかったなど、

 

様々な事情で急に転職することも十分あり得ます。

 

転職して給与が高くなるのであれば、何の問題もないのですが、現実にはなかなかそうはいきません。

 

年収が2割から3割、中には半分にまで減ってしまうという人もいるでしょう。

 

そうなると大きな負担になるのが住宅ローンです。家計を維持していくためには、

 

借り換えや金利の見直しなどをしてできるだけ減らすこと考えるわけですが、ここで繰り上げ返済が仇になることがあります。

 

実は借り換えをする場合、返済期間は現在の残期間以上に設定することができません。

 

つまり、繰り上げ返済で返済期間を短縮しているとその短い期間で残金を返済しなければいけないわけです。

 

これでは、月々の返済額はほとんど減らすことができませんし、

 

場合によっては年収が足りずローンを組むこと自体ができなくなってしまうこともあります。

 

また収入が減ると、急な出費に対応することが難しくなります。

 

特に医療費や学費など、どうしても支払わなければならないお金がある場合、

 

現金が手元にないとどうにもなりません。もちろん教育ローンなど別の借り入れ商品もありますが、

 

このような借り入れは住宅ローンより金利も高く、返済期間も短くなりますから、負担が増大することは確実です。

 

無理をして繰り上げ返済をすると、どこかでひずみが出てくる可能性があるということはぜひ知っておいてください。

 

このように「期間短縮型」の繰り上げ返済にもデメリットはありますが、

 

やはり利息削減効果が大きいというメリットから一般的には、

 

期間短縮型の繰り上げ返済が多く、行われています。

 

借り換えをするといくら毎月の支払いが安くなるのかわかるサイトがあります。

 

住宅本舗というサイトです