一度短縮した期間は元に戻せない

返済額軽減型よりも、返済額軽減効果の大きい、返済期間軽減型の繰り上げ返済ですが、

 

デメリットとして考えれるのは、一度短縮した返済期間は、支払いが厳しくなったとしても、元に戻すことはできないという点でしょう。

 

もちろん繰り上げ返済を取り止めて返済した金額戻しもらうこともできません。

 

繰り上げ返済により貯蓄は減ってしまうことなりますから、

 

繰り上げ返済をしすぎて、急な出費が必要になったときに対応できないという事態が起きないように注意したいところです。

 

従って、ライフプランをきちんと確認し、無理のない返済計画を立てておく必要があるといえます。

 

繰り上げ返済はあくまで余裕資金の範囲内で行うのが望ましいでしょう。