その他に考慮すべきこと

変動金利や固定期間選択型のローンを借りている場合は、

 

金利が上昇するタイミングで繰り上げ返済するという考え方もあります。

 

金利が上昇し始めると、毎月返済額に占める利息支払いの割合が高くなり、なかなか元金も減ってきません。

 

金利が低いうちは、できるだけ貯蓄にまわしたり、

 

資産運用にまわしたりしてお金をためておくことを優先してもよいのですが、

 

金利が上昇し始めたらそれらを原資に繰り上げ返済を行うとよいでしょう。

 

また住宅ローン控除との兼ね合いも検討したいところです。

 

住宅ローン控除で控除される金額は、毎年末のローン残高を基準に計算されます。

 

そのため、繰り上げ返済によりローンの残高を減らしすぎてしまうと

 

住宅ローン控除のメリットを最大限受けられないことも考えられます。

 

繰り上げ返済による利息削減効果と住宅ローン控除のメリットとを比較することも必要なのです。

 

借り換えをするといくら毎月の支払いが安くなるのかわかるサイトがあります。

 

住宅本舗というサイトです

 

繰り上げ返済するならライフプランを考えよう前の記事|TOP