繰り上げ返済額はどのくらいが適当?目安?

ただ、あまり繰り上げ返済ばかりして生活が苦しくなってしまっては意味がありません。

 

住宅を取得するという事は夢をかなえる一つの手段のはずです。

 

繰り上げ返済ばかりに気を取られ、生活が苦しくなるようでは本末転倒です。

 

生活を楽しむための余裕を持ちたいところです。

 

またマイホームを買った直後は貯蓄も減っているでしょうから、貯蓄の回復も意識しなければなりません。

 

病気など急な出費が必要になる不足の事態に備えて、貯蓄は「毎月の生活費の半年分」くらいはあったほうが良いと言われたりもします。

 

1度繰り上げ返済をしてしまうとその資金は戻りませんし、繰り上げ返済と貯蓄をバランスよく行ってことが大切です。

 

繰り上げ返済は理論上、早い時期に行うほうが望ましいのですが、

 

やはりあくまで余裕資金の範囲内で行うべきものであるといえます。

 

繰り上げ返済を行うタイミングについて前の記事|TOP|次の記事繰り上げ返済するならライフプランを考えよう