【知っておきたい住宅ローン借り換え知識】失敗しない住宅ローンの借り換え方法

住宅ローンの借り換えで手元にお金を残すなら

 

FPが推奨する【借り換え】住宅ローン銀行ランキング 多くのFPがお勧めするのは、10年以上の固定金利のローン

消費税もあることから借り換え需要が上がっています。

 

やはり今は固定金利型が人気です。

 

金利上昇している中やはり人気なのは固定金利型です

 

なぜFPがおすすめするのかその理由とは?

 

 

知っておきたい住宅ローン借り換え知識

 

 

 

住宅ローン金利が史上最低水準となりました。

 

これを住宅購入という観点から見ると、企業業績の移り変わりが激しく、雇用環境も厳しい状態が続いていますが、長らく続く歴史的な低金利や平成26年(2014年)4月の消費税増税を見越して、「フラット35」は過去最低金利を更新し、返済終了まで金利が変わらない全期間の固定金利型で2%割れという未曾有の水準にまで低下しています。

 

また、民間住宅ローンも変動金利型は、「0%台」が当たり前で、当初10年間の金利を固定する「固定金利選択型ローン(10年固定)」も、一部の金融機関では1%台前半となるなど、と昔前では考えられない状況です。

 

こうなると、いま住宅ローンを返済中の人は悔しい限りでしょう。

 

しかし嘆く必要はありません。借り換えをすることによって、毎月の返済が安くなる可能性があります。

 

ローン残高や残りの返済期間によっても変わりますが、諸費用をほぼ全て含めて借り替えても、

 

固定金利同士の場合、いま返済している住宅ローンより実質金利が、「0.3%程度」以上低ければ、総額100万円以上などの借り換え効果が確定します。

 

一方金利がゼロ%台の変動金利型で借り換える場合は、当面の返済が大幅に減り、家計が楽になります。

 

焦ってはいけませんが、ゆっくりしすぎるのも禁物でしょう。

 

民間住宅ローンでは、借り換えで利用する人に対する金利を、新規取得者より低くする金融機関もあります。

 

わずか0.1%から0.5%の利ザヤしかとれない程に金利優遇競争はいよいよ限界となってきました。

 

今まさに私たちから見れば、「借り換えのチャンス」ともいうべき状況がやってきているわけです。

 

当サイトのご利用について

結婚費用や結婚してからの生活費、子供の教育費の増加、不景気による給料の減少、夫や妻の病気などの理由で、どうしても見直しをしなければならない場合が出てくることもあります。そんな場合には、借り換え・繰り上げ返済などを利用することになります。

 

このサイトは、これから住宅ローンを組もうと考えてる人から借り換えや繰り上げ返済などを考えている人毎月の返済に困っていて、スケジュールや、売却を検討する人を対象に作成しています。

 

また、住宅ローンについての詳しい知識を持っていない人でも参考になるように心がけています。